むち打ち

手や足の捻挫と同様に、まずは冷やす事で苦しみを緩和し、炎症を抑えます。

ダメージを受け腫れ上がった筋肉を冷やし、病院で処方された痛み止めの薬を服用しますが、痛み止めは症状を押し止めるためのもので、治癒を促進しているわけではありませんので、理不尽をして動かさないようにするのが大切です。

湿布を貼る事も有効ですが、冷湿布と温湿布を間違わないようにして、初期は絶対冷やすようにしましょう。

むち打ち症に独特の治療法というと、首の負担を軽くするために、頚椎トーン(コルセット)をつける事もあります。

炎症が治まったら、固まった首の筋肉をほぐし機能を回復させるためのリハビリが始まります。

軽い症状なら3ヶ月程度で治癒。

捻挫の治療はマルウェア性の病気の治療などとは相違、基本的には自然治癒を助ける治療となるのです。
有楽町 むち打ち 夜間