ドローン

なお,日本では2000年代に入って無人ヘリコプタによる薬剤散布が本格化し,ほかにも学術質問,防災,測量などの業務に使われている。近年では主として,複数のロータをもち,全地球測位システムGPSによる自律航法装置を準備た小型のマルチロータヘリコプタをさす事が多々ある。民間機として市街地上空を飛ぶようになると,落下や衝突などのトラブルが発生し,その影響とリスキー性が広く知られるようになった。無線による遠隔操縦,あるいは内蔵コンピュータにあらかじめプログラムされたパターンで自律飛行をする。日本でも航空法が改正され,2015年12月から無人航空機の定義や飛行ルールなどが新たに導入された。1970年代には偵察機にもなり,1995年にはアメリカ空軍の無人偵察機プレデターが登場した。無人機については,ほかにもUAV;UnmannedAerialVehicle,ラジコン機,ロボット機などの呼び方がある。このため,欧米諸国で規制の動きが強まり,アメリカ合衆国では2015年12月から重さ250g以上のドローンの登録が義務づけられた。
人機は第2次世界大戦中から製作が始まり,戦後まもなく実用になった。無人機の意。ただし,科学的,技術的用語ではないため,無人機すべてをドローンと呼ぶべきかどうか,一概に明確ではない。
最初は標的機として,戦闘機の訓練に使われた。ドローンとは,ハチの羽音,もしくは雄蜂をいい,そこからアメリカ軍が非公式に小型無人機会にそれに対し,この名を使うようになった

水中ドローン ソナー